教育・保育

園の目標

ひろい心 豊かな創造性 すこやかな身体

本園は建学の精神「感恩」を基盤に、

  • 「ひろい心」
  • 「すこやかな身体」
  • 「豊かな創造性」

を育成することを
教育・保育目標としています。

遊びは
大切な学び

自然豊かな環境の中で、外遊び(運動、泥んこ遊び、木の実や草花遊び、虫捕り他)と室内遊び(絵画製作、音楽リズム、絵本、ごっこ遊び他)をバランスよく取り入れています。五感(触覚、聴覚、味覚、嗅覚、視覚)を十分に使った様々な体験を通して、ものや言葉への興味・関心を育み、豊かな感性や創造性を育て伸ばしていくことを大切にしています。

遊びは大切な学び

自分の
思いを表現できる

「ありがとう」と言う感謝の心、「どうぞ」と言うやさしい心、「いいよ」と言う寛大な心、「ごめんなさい」と言う素直な心を育みます。また、日々の触れ合いや関わりのなかで、園児が満足感や達成感を持ち、自分の思いを色々な場面でしっかりと表現できるようになることを重視しています。思いを音や声、色や形などに託して、日常的な行為として自由に表現できるよう、絵画表現・音楽表現・身体表現活動を重視しています。

自分の思いを表現できる

学園内
設置校との交流

園児数が多く、クラス同士で協力したり、競い合ったりする機会があります。さらにより幅広い年齢の園児(0歳児~5歳児)や同じ一敷地内の大学生・短大生・高校生との交流プログラム(※)など、幅広い年齢のたくさんの人と関わる機会が多くあります。
たくさんの教職員に見守られ、同年齢のお友達だけでなく、異年齢間の交流を通じて、園児の経験の幅は広がり、成長していきます。

学園内設置校との交流

※学園内大学・短大・高校との交流
学園内の関西福祉科学大学・関西女子短期大学・関西福祉科学大学高等学校との交流・連携プログラムも本園の特長です。総合学園ならではの楽しい体験が園児をより一層大きく成長させてくれます。
大学
大学
関西福祉科学大学の健康科学科学生による保健指導、また福祉栄養学科学生による食育指導やクッキング体験などのイベントも実施しています。
短大
短大
関西女子短期大学歯科衛生学科教授(歯科医)の指導のもと、歯科検診・フッ素塗布を受けます。歯磨き指導も行っています。

高校
高校
関西福祉科学大学高等学校の保育進学コースによる「保育フェスタ」を同校の体育館で開催しています。お店屋さんごっこや各種イベント(人が入れるシャボン玉、迷路、魚釣り、ボウリングなど)で、将来幼稚園教諭・保育士をめざす高校生とたくさんの楽しい遊びを体験できます。
毎年秋には、同一敷地内にある高等学校のグランド(約8,000㎡)を使って運動会を開催します。園児は広々としたグランドで思いっきり走ったり、演技をすることができ、保護者の皆さまにも快適に見学していただくことができます。

実習生との交流
関西福祉科学大学教育学科、関西女子短期大学保育学科、関西福祉科学大学高等学校保育進学コースの実習が本園で行われます。学生さんや生徒さんとのあたたかい触れ合いの中で一緒に遊び、楽しい時間を過ごすなかで、多くのことを学びます。

キンダーカウンセラー制度
関西福祉科学大学の「心理・教育相談センター」の協力により、臨床心理士によるキンダーカウンセリングを行っています。子育てをする中で生じる不安、子どもたちの発達や友だち関係での悩みなど、保護者の皆さまの様々な相談を受け、悩みを解消する手助けをしています。
在園児だけでなく、未就園児や地域の方も相談を受けることができます。