特色のある教育・保育環境

特色ある教育

本園は平成30年度より、認定こども園として2号認定児の受入れを開始しました。
また自園給食も開始し、食育の充実にも、より一層力を入れています。
平成31年度より、3号認定児(0~2歳児)の受入れを予定しており、0~2歳児用の新園舎を建築中です。
「0歳から5歳までの一貫教育」「長時間保育」を行い、教育と保育の充実を図ってまいります。

園の目標

小さな子どもたちが秘めている、未来への可能性は無限大の大きさです。まだ生まれたばかりの可能性や個性の芽を大切に養い、ひろい心とすこやかな身体、豊かな創造性を育てたい。それが私たちの保育の姿勢です。

本園の特長

  • 1
    「ありがとう」という感謝の心、「どうぞ」というやさしい心、
    自分からあいさつのできる子どもを育てます。
  • 2
    絵画製作や音楽リズムを通して、豊かな感性と創造性を育みます。
  • 3
    正課「体育」でバランスのとれた体づくり、
    「剣道」で礼儀作法を身につけます。
  • 4
    遊びながら英語に親しみます。
  • 5
    自園給食により、充実した食育を行います。
  • 6
    関西福祉科学大学・関西女子短期大学・関西福祉科学大学高等学校との連携・協力で
    ●大学教授などのよる絵画・造形の指導、運動測定など、知育・体育を充実します。
    ●大学生による食育クッキングなどのイベントを通して、親子ともに成長できます。
    ●(教授指導のもと)短大生による歯科検診やフッ素塗布なども行います。
    ●高校生によるキッズフェスタなど楽しく思い出にのこるイベントがあります。
  • 7
    幼稚園教諭だけに限らず、学園の「心理・教育相談センター」など、
    子育てに関する相談や支援の体制も整っています。
    幼稚園の総合評価でも、在園児保護者の94%の方から満足の評価をいただいています。(※1)
  • 8
    幼稚園の保育などの様子がスマートフォン専用ページにも随時発信され、
    お母様、お父様も安心です。(http://kwck.ed.jp/sp/
  • 9
    認定こども園のため、保護者の就労状況の変化に関わらず、継続して通園できます。
(※1 平成26年度保護者アンケート調査より)

保育風景

さまざまな体験を通して

(1)自然と体作りができ (2)子どもたちは自主性や協調性を養い
(3)豊かな感性や創造性を伸ばし (4)ものや言葉への興味・関心を育んでいきます。

幼稚園シンボルキャラクターについて

幼稚園のシンボルキャラクターは勾玉をもとにデザインされました。
頭部のまるみは「思いやりの心」を、
尖部は「自己に対する厳しさ」を象徴しています。

保育環境

自然環境

豊かな自然に囲まれた当園は、園舎前運動場(約1268㎡)とは別に、「お山の広場」(約1187㎡)を設けるなど、常に子どもたちが大自然と触れあえる環境。
たんぽぽ、クローバー、赤とんぼ、どんぐり拾いに虫取りなど、季節の草花や生きものと触れあいながら、たくさんのお友達と一緒にのびのびと毎日を過ごすことができます。自然とたわむれ、自然から学ぶことによって、子どもたちの豊かな心とすこやかな身体が育ちます。

充実した施設

緑に囲まれた園舎には、広い遊戯室や、太陽の恵みがいっぱいのテラス。
また広々としたグランドなど施設が充実。

●3号認定(0~2歳児)用新園舎建築中

新園舎紹介

Tama Square~たまひろば~

平成30年7月に学園内に完成した「Tama Square~たまひろば~」
人工芝をふんだんに使った、園児が伸び伸びと遊べる空間です。

Tama Square 1 Tama Square 2